忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY 
ルーイのつれづれ日記
2019/05/23 (Thu)  10:08:29 /
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/12 (Thu)  23:09:49 /
ポケモン。アルティっぽい。ダイヤのクリア記念ってことで。
ちょっと意味不明かも。あとがきから読むことをオススメします(待て)

「チャモ?」
「ポチャー!」
ぽかぽかと木漏れ日の差す心地よい森の中からなにやら声が聞こえてくる。
ペンギンポケモンのポッチャマ。と・・・。
あれは遠く離れた土地のポケモン・・・?
ひよこポケモンのアチャモというらしい。
「チャモチャ?」
「ポチャー♪」
小さなポケモンたちが仲良く話し合っているのはなかなかにほほえましい。
「でね、うちのヒリアルが・・・で。セルが・・・」
「うちのトルチェは・・・が・・・」
近くでなんだか熱烈に話し合っているのはこの2匹のトレーナーだろうか?
噂に聞いた某大好きクラブのオーラが漂っている気がする。
「だからさー、初心者・・・僕らは・・・」
「それはそうだけど・・・・大体・・・」
少し離れた場所には他に人間が2人。
こちらもなにやら話し込んでいるが、なんだか怪しげなオーラを放っている。
周りにいるのは、この人間達のポケモン・・・だろうか?
それぞれ好き勝手に寝たり、走り回ったり、破壊行動をとったり・・・って最後のは見なかったことにしよう。
「ポチャポッチャー!」
「チャモー!」
おや、いつの間にやらさっきの2匹がケンカを始めている。
会話から察するに、どちらのほうが背が高いか、という内容らしい。
「チャモ!」
「ポチャ!」
そのトサカは身長に含めないよ、とか、これも体の一部だよ、とか。
一生懸命訴えあっている姿はなかなかに可愛い。
トレーナー達は話に夢中でこの争いに気づいていないようだ。
「チャモチャ!」
僕なんてとべるようになるんだよ!
アチャモが必死にそう訴えると。
「ポチャポチャー」
僕は泳げるもん!
ポッチャマは誇らしげに胸を張っている。
「・・・チャモチャモ!」
ぼ、僕は火を吐けるよ!
やや押され気味に返すアチャモ。
「ポチャ!」
僕はかわらわりができるよ!
「・・・・・・チャモチャ!」
ぼ、僕は足で切り裂ける!
「ポチャポチャー!」
なら勝負!
ポッチャマの泡攻撃!
「チャ、チャモチャー!」
アチャモの火の粉!
「チャモー」
そっちのほうが有利だから水技禁止!
「ポチャポチャ」
えー、じゃあこれでどうだ!
「ポチャッ!」
「チャモッ!」
ポッチャマのつつく!
アチャモのひっかく!
「あ、ヒリアル!」
「こら、クーリス!」
おや、どうやらようやくトレーナー達が争いに気づいたらしい。
「チャモー」
「ポチャポッチャマ!」
素直に謝るアチャモと、遊んでただけだもん!と訴えるポッチャマ。
この辺りは性格の差、というやつだろうか?
「ポチャ!」
「・・・っ!可愛いよあのコ!ルーイ、連れて帰る!」
「おちつけー、リム。あのコは人のだから。スナッチできないから」
怪しいオーラを放ってた2人組は、さらに怪しいオーラを発し始めた。
怖いなぁ。。。
「あー、あんなところにムクバードが!」
「え、あ!本当だ!」
おっと見つかってしまった。
「チャモ?」
「チャマ!」
なんだか怖いのでそろそろ退散しよう。
世の中にはなかなか面白いトレーナーがいるものだ。




えっと中途半端に終了。
意味不明なので補足。野生のムクバードさん目線。
状況はルクス&ルーイ&リムinシンオウ。
で、ルインと出会ったと。
リムはポッチャマが欲しくて仕方ない。ルーイはそれを聞いている。
ルクス&ルインは鳥について語り合ってる、ってな状況下での
ヒリアル(アチャモ)とクーリス(ポッチャマ)のお話。
とりあえずチャモもチャマも可愛いって事で(ぇ)
このコ達の性格は、すなおと気が強いがんばりやあたりで。
他のポケたちも出す予定が・・・。
PR
≪  629  628  627  626  625  624  623  622  621  620  619  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  629  628  627  626  625  624  623  622  621  620  619  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]